カードローンの返済方式について

カードローンでお金を借りる場合、手早く借りられるという利点があります。カードローンサービスは一般に広く利用されていて、知人に借りるよりもカードローンの方が気楽という人も多いです。

 

ただし、カードローンで気になる点の1つが返済です。借りたはいいが、いついくら返せばいいのか、返済の仕組みについて理解してお金を借りるようにしましょう。

 

いつまでに返せばいいのか

カードローンの返済期日はどこも同じではありません。カードローンの返済期日については、約定日返済、35日毎のサイクル制、随時返済の3つに分かれます。

 

約定返済では、毎月決まった期日までに返済を行います。例えば返済日が10日だとすれば、毎月10日までに返済を行います。約定返済日は予め決まっているカードローン会社もあれば、選択できる所や自由に決められる所もあります。

 

35日毎のサイクル制では、35日毎に期日日が設定されているので、35日毎に返済を行います。約定日が一定ではないので、約定日返済よりも返済回数は若干少なくて済みますが、返済期日の管理をしなければいけません。

 

随時返済では、自分に余裕がある時に自由に返済を行えます。例えば3か月は全く返済せず、ボーナスが入ったらまとめて返済するという払い方も可能です。随時返済は自分のペースで返済できるという利点がありますが、その代り返済を行うまで利息が満額で請求されるので注意が必要です。

 

返済を知ってカードローンを利用する

 

いくら返せばいいのか

カードローンで借りたお金に対して、各カードローンによって返済額は変わってきます。その多くは、借入額に対して一定の割合を毎回返済していきます。

 

例えば10万円以内の借入なら毎月2,000円、10万円以上20万円の借入れなら毎月4,000円、といった具合に、10万円毎に返済額を刻むところもあります。また、30万円以内の借入なら借入額の4.2%といった風に、何%かの割合で返済額が決まる所もあります。返済額は1,000円未満を切り上げて、切りのいい金額で設定される所が多いです。借入額が大きい程、毎月の返済額も増えていく点には注意が必要です。

 

毎月の返済額の決まるタイミングについては、最終借入れ日を起点として決まる所と、借入残高によって決まる所があります。

 

例えば10万円借りた時の返済額が4,000円だった場合、前者だと新たな借入れをするまでずっと4,000円を返済していきます。後者の場合、借入残高が減っていくと、毎月の返済額も減っていきます。後者の場合だと毎月の返済の負担は減っていきますが、借入残高によって返済額が減っていくので、中々完済できないというデメリットもあります。

 

返済負担が大きくなるとイメージされる消費者金融でも毎月の返済金額自体は大きくはなく、余裕を持って返済が行えるようにはなっていますが、少しずつの長期に渡る返済だとどうしても最終的な負担が大きくなってしまうデメリットもあります。

 

初回の借入れは条件付きで30日間無利息となる土日でも借りられるプロミスでも借りる金額を少なく抑えておくと毎月の返済金額も大きくはなりませんが、その代わりに最終的な返済総額が膨れ上がるので注意が必要です。

 

どうやって返済すればいいのか

カードローンの返済方法は様々で、選ぶカードローンによっては何種類もの返済方法から自由に返済が出来ます。口座からの引落としによる返済や店頭での返済、ATMでの返済、コンビニのメディア端末を使っての返済、インターネットでの返済などがあります。

 

期日までにお金を振り込んでおいてもいいですし、ATMで入金をする作業は、それ程手間はかかりません。約定日での自動引落としは、最も楽な返済方法の1つです。

 

ただし、自動引落としでの返済では、繰上げ返済を行わないので、完済まで払う利息も大きくなってしまいます。

 

お勧めはインターネットでの返済やATMでの返済です。どちらも簡単に行えるだけでなく、金額も自由に返済ができます。

 

また、返済は千円単位で切りのいい金額を返していきますが、完済時などは端数も発生します。この場合には提携ATMなどでは対応していない場合もある上、利息が日割り計算なので、いくら返済すればいいのかをしっかりと確認しなければなりません。そのため、最後の返済は店頭などで行うのが一般的です。

 

店頭で相談ができるところで借りる

銀行のカードローンは店頭での手続きを受け付けていないところも多く、審査や貸し付けに関する部分の多くを保証会社に委託をしている銀行では、店頭窓口での申込みや契約はもちろん、返済に関する手続きも行えません。

 

その点で相談ができる窓口を設置している消費者金融は安心ができる部分があり、全国各地に契約機や店舗を展開する消費者金融大手のプロミスはカードローン利用がはじめての方でも安心です。

 

契約機なら土日でも最短即日の契約も進められ、週末は休業となるものの平日なら返済に関する相談や手続きが行える有人の店舗も各地に設置をしています。ただ、プロミスの有人店舗は設置数がそこまで多くはなく、予め設置場所を確認しておかないと困る場合もあります。

 

繁華街であっても設置がない地域もあるので、それぞれの店舗情報はしっかりと確認をしておきましょう。関東地方であればプロミス横浜で調べると横浜市西区にプロミス店舗のサービスプラザがあるので、完済をする際の手続きやその他の各種相談が行えるようになっています。